ダークウェブで違法薬物を仮想通貨ビットコインで販売した米国人、懲役100年の可能性も

ニューヨーク州東部地区検事局が1月3日、2018年6月から2019年5月にかけ、「ウォール街マーケット」と呼ばれるダークウェブ市場において違法薬物を販売したとして、ジョアンナ・デ・アルバ被告を起訴したと発表した。すべての罪状で有罪となった場合最低5年間、最高100年間の懲役となるという。

Source: 仮想通貨最新情報サイト | 仮想通貨まとめNews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です